対外活動

E・ぱかクラブ
E・ぱかクラブは、星の子が助成を受けて行っている野外活動事業で、Eボートの「E」と、乗馬のイメージから「ぱか」を合わせて名付けました。
LD(学習障害)、ADHD(注意欠陥/多動性障害)・高機能自閉症、アスペルガー症候群など発達に障害のある子どもたちと兄弟、保護者を対象に、乗馬やEボート・川遊びなどの体験活動を通じて、他人との関わりや集団生活でのルール、身体のバランスコントロールを育むことを目的におこなわれます。
平成18年度から27年度までは、子どもゆめ基金より助成を受け、小貝川生き生きクラブの協力を得て、5月ごろから10月ごろまでの夏期を中心に、毎年5回の活動を行ってきました。
体験活動のフィールドは、泳げる水質と砂浜や河川林がある自然環境のよい小貝川です。
講師は、障害者乗馬に長年携わり、またカヤック、川遊びなどの体験活動も行っている財団法人ハーモニィセンターの皆さんが担当します。

★参加登録について
Eぱかクラブは登録制です。
年5回の開催中、一度でも参加をご希望の方は、参加登録をしていただく必要があります。
募集は例年、5-6月に行っています。募集期間中に所定の方法でお申し込みください。
※平成27年度分の参加申込みは終了しました。

全国LD親の会・関東ブロック会議
NPO法人全国LD親の会は、LDなど発達障害のある子どもを持つ保護者の会の全国組織です。約3,000名の会員からなり、星の子会員は全国LD親の会の会員でもあります。年に3回開催される関東ブロック会議(関東ブロックの11の親の会が集まります)では、全国LD親の会の取り組みや他の親の会の活動等の情報を知ることができると共に、活動方法等についての意見交換の場となっています。
県庁との懇談会
茨城県発達障害者支援連絡協議会
障害者就業・生活支援センター運営連絡会議
国土交通省全国バリアフリーネットワーク会議