【外部イベント】WISCセミナー保護者版

外部イベントのお知らせです。
外部イベントにつき、詳細やお申込み方法等は、主催者ウェブサイトにてご確認ください。

2017年のWISCセミナー保護者版の日時場所が決定しました!

日時:2017年5月7日(日) 10:00~17:00 (仮)
場所:つくばイノベーションプラザ 大会議室
(旧・つくばサイエンス・インフォメーションセンター)
(※今年はアルスホールではありません!)

内容の詳細は未定ですが、開催日と場所は確定しましたので、先出しでお知らせします。

詳細はまた追ってご連絡いたします。

2017年・WISCセミナー保護者版 開催決定!(5/7) | Shake-Hands.org

【外部イベント】「Shake-Handsシネマ&トーク」のご案内

外部イベントのお知らせです。
外部イベントにつき、詳細やお申込み方法等は、主催者ウェブサイトにてご確認ください。

1月下旬~3月まで、以下のスケジュールで自主上映会を企画しています。
社会的なテーマを題材としたドキュメンタリー映画をみんなで鑑賞し、上映後に感想やそれぞれの思いを語り合うシェアタイムを持ちます。
シェアタイムの進行役には、つくば市民大学の代表幹事としてもおなじみのファシリテーター:徳田太郎さんをお招きしています。

*開催日は以下をごらんください。(すべて木曜日/1/26以降の第2・4木曜)
(18:15開場、18:30スタート、21:00前後まで)

*会場:つくば市民大学(つくば市東新井15-2 ろうきんつくばビル5階)

*参加費: 前払い 1,000円 当日 1,500円
・終了が遅い時間になるため、中高生以下の料金設定はしていませんが、中高生も参加はできます。(大人の方同伴を推奨)
・託児はありませんが、小学生以下のお子さんを伴われるのは差し支えません。おやつや飲み物OK、小学生以下は参加費も不要です。
ただこちらも、終了が遅い時間になること、上映中は室内が暗くなることは避けられませんので、お子さんの体調等を考慮してご判断ください。

*上映予定作品および検討中作品のあらすじ等はこちら
http://shake-hands.org/movies/

*各回の詳細・参加申込みは、以下の各リンク先をごらんください。

■第1回 1月26日
「ポバティー・インク~あなたの寄付の不都合な真実~」

Shake-Handsシネマ&トーク(1)「ポバティー・インク~あなたの寄付の不都合な真実~」

■第2回 2月9日
「バベルの学校」

Shake-Handsシネマ&トーク(2)「バベルの学校」

■第3回 2月23日
「サバイビング・プログレス ー進歩の罠ー」

Shake-Handsシネマ&トーク(3)「サバイビング・プログレス ー進歩の罠ー」

■第4回 3月9日
「ハーフ HAFU」

Shake-Handsシネマ&トーク(4)「ハーフ HAFU」

■第5回 3月23日
「ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~」

Shake-Handsシネマ&トーク(5)「ザ・トゥルー・コスト〜ファスト・ファッション 真の代償〜」

いずれも発達障害を題材にした映画ではありませんが、貧困、支援、人権、さまざまな多様性、差別、サステナビリティ(継続性)、等々、社会的な課題は一部の人だけの問題ではなく、大きく社会全体の問題として、発達障害の有無にかかわらず、知る、考える意義のあるテーマだと思います。

特に、
【支援】を考える意味で、第1回の「ポバティー・インク」
【多様性/違い】【教育】【自尊感情】などを考える意味で、第2回の「バベルの学校」、第4回の「ハーフ HAFU」は、おすすめです。

また、”ブラック企業”や”ワーキング・プア”に代表される、低賃金、過重労働にさらされる危険は親にとっても子にとっても決して他人事ではない、という意味で、第1回の「ポバティー・インク」、第5回の「ザ・トゥルー・コスト」も、私たちの住む日本の環境に置き換えて考えてみてほしい作品です。

第3回の「サバイビング・プログレス」は、地球規模のサステナビリティをさまざまな分野の専門家が各々の視点から考察します。
ちなみに、県西エリアの方は、1/14(土)14:00~ 結城市の「酒のたまごや」さんでも上映されます。同時上映の「ヴィック・ムニーズ / ごみアートの奇跡」も感動の大作ですよ♪

知る・考える・ドキュメンタリー市民上映会
結城まちなかシネマ+α
https://www.facebook.com/machicine/